毛穴トラブル解消のために、洗顔石鹸を選ぶ3つのポイント

毛穴トラブルを解消する洗顔石鹸を選ぶときに重視したいポイントは次の3つです。
泡の粒子が小さくきめ細かい
泡の粒子が小さいと、毛穴の奥まで入り込み毛穴の汚れを落とします。
吸着力が強い泡
粒子が小さいだけでは毛穴の汚れをとることはできません。強い吸着力で汚れを全て吸着してこそ汚れを落とすことができます。吸着力とは言い換えると洗浄力のことです。
保湿力
汚れを落としただけでは、毛穴は開いたままです。そのままではまた汚れが溜まってしまいます。しっかり保湿し、ふっくらとした肌にすることで毛穴がキュッと引き締まり毛穴レス肌へ。
当サイトでは、これらのポイントを抑えた洗顔石鹸を紹介しています。

毛穴トラブル対策におすすめの洗顔石鹸ランキング

KOSE 米肌 肌潤石鹸
価格:3,500円(税別) 送料無料
クリーミーな泡が毛穴の汚れや古い角質をすっきりと取り除く。必要な潤いはしっかりと守り、透明感のあるすべすベとした素肌に導きます。水分保持機能の改善が認められている唯一の有効成分「ライスパワーNo.11」を配合。加齢とともに減少するセラミドを生み出す力を持っているので毛穴レス肌へ。
どろ豆乳石鹸 どろあわわ
価格:1,490円(税別) 送料無料
くちゃとして有名な沖縄の海泥マリンシルトの石鹸。コラーゲン、ヒアルロン酸、大豆イソフラボンなどの美容成分を配合。豆乳発酵液がしっかり保湿し毛穴を引き締め、毛穴レス肌へ。
VCOマイルドソープ
価格:1,423円(税別) 送料:500円
合成界面活性剤を不使用、超敏感肌の方にもおすすめ。 最高級ヴァージンココナッツオイルが毛穴をキレイに。

毛穴対策で米肌 肌潤石鹸がおすすめNo.1の理由

厚生労働省が認めた水分保持能を改善する力

コーセー米肌シリーズの洗顔石鹸。毛穴の開き・たるみ肌の対策には肌の乾燥を防ぐこと、つまり肌の角層に水分を保つことが大切です。この角層に水分を保持する力を水分保持能と言います。米肌に配合されているライスパワーNo.11は医薬部外品として水分保持能を改善できると厚生労働省から認められている唯一の有効成分です。つまり、肌の角層に水分を保持するという点において、他の洗顔石鹸や化粧品よりも優れていると言えます。

ライスパワーNo.11は加齢とともに減少するセラミドを産生します。一般的なセラミド配合化粧品は一時的に肌の水分量を増やすだけです。しかし、米肌は肌内部でセラミドを生産し肌が水分を保つ力を改善してくれるのです。肌が自ら潤いを作り出せるようになります。また、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスといった保湿成分で潤いを与えます。
このように外側と内側からのダブルのケアができるので、毛穴対策におすすめ度No.1です。

価格だけ見ると少し高いように感じますが、毎日朝晩2回の洗顔で2~3ヶ月分なので、実はコスパも良いです。どろあわわは毎月送られてくる定期コースの1回目だけが半額になっているので、コスパ的にも米肌の方がおすすめです。
米肌には14日間使える米肌トライアルセットもあります。石鹸、化粧水、クリーム、化粧水マスク、エッセンス、ジェルクリームなど6点セットが1,500円なのでお得です。

毛穴ケア洗顔石鹸体験レビュー・ピックアップ特集

米肌 肌潤石鹸を使ってみたよ!
人気の米肌 肌潤石鹸を購入してみました。
使った感想などを紹介しています。
体験談はこちら
どろあわわを使ってみたよ!
人気のどろあわわを購入してみました。
使った感想などを紹介しています。
体験談はこちら
すぐ分かる、肌質で選ぶ毛穴ケア洗顔石鹸
自分の肌質に合った洗顔石鹸を使いましょう。
肌質別に見る、毛穴ケア洗顔石鹸の選び方
毛穴の黒ずみ、開き、ニキビや肌荒れなど毛穴トラブルに悩む方へ。毛穴の汚れをゴッソリ落とす洗顔石鹸と、洗顔石鹸を選ぶときに重要なポイントを紹介。また、洗顔石鹸だけでは対応しきれない肌トラブルにおすすめの化粧品も紹介します。